80年代 阪神武庫川線その14

3線軌条の末端部です。

e0264203_2144360.jpg

(阪神武庫川線3線軌条跡 1980年夏 洲先駅先南側)

阪神武庫川線をたどるシリーズもいよいよ大詰めです。

前回ご覧頂いた緩くカーブをえがいた3線軌条の末端部です。
右端に3線軌条が覗いてますが、そこから先は土の中に埋もれてしまっていて、やがてフェンスが設置され、そこから先(南側=海側)は未調査です。
真夏で暑かったのでしょうか?それとも念願の3線軌条が見れたことで満足してしまったからでしょうか?そこから先へは行かずに引き返したようです。
川西航空機のあった場所(=現在は武庫川団地)までは行かずじまいでした。3線軌条は無くとも、線路跡は更に続いていたかも知れません。川崎航空機の工場跡地には武庫川車両が盛業だったようですが、これも見ずじまいでした。

画面左上、フェンスの向こう側には、緑色のいすゞ117クーペの後部が見えてますね。今なら立派な旧車です。

次回がこのシリーズの最終回です。


にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2012-10-26 22:07 | 80年代 私鉄 | Comments(0)