80年代 阪神武庫川線その7

武庫川駅が近づいてきました。

e0264203_2256365.jpg

(阪神武庫川線跡 1980年夏 阪神武庫川駅付近)

架線の張られている右側の線路は、武庫川線の単行が本線と行き来する際に頭を突っ込んでました。が、線路内に緑色や黄色のプレートがある辺りまでしか単行は来ず、手前に見えているポイント付近は車両が通った形跡はありません。
左側の線路内は、車両が来ないことをよく知っている乗客が、通勤通学で自転車置き場にしていました。

ガート上には、青胴車と呼ばれる各停専用車両が通過してゆきます。画像拡大しても車番が良く見えませんでしたが、52**か53**と書かれているように見えます。
パンタは交差型では無いですね。窓が開いて、屋根にはクーラーらしきものは搭載されてませんので、非冷房車です。少し大型のベンチレータが載っかってます。

当時(今でも?)は、2両編成を2本連結して、4両編成が基本でした。ジェットカーとも呼ばれ、ググッと加速して、ギギッと停車する、そんな感じの車でした。

ガートの向こう側には、武庫川線の単行が停車中です。武庫川線は、単線単行各停のくせに、本線特急と同じ赤胴車カラーなのは何故?と思った記憶があります。


にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2012-09-07 23:10 | 80年代 私鉄 | Comments(0)