80年代 オハネフ12 2051

以前、寝台側から見たオハネフ12 2010をご覧頂きましたが、今回は通路側をご覧頂きます。

e0264203_1241287.jpg

(オハネフ12 2051 1981年春 大阪駅にて)

急行「きたぐに」が大阪駅に到着、客扱いをしてしばらく停車しているところです。

妻面はリブ付きで、銘板が5枚も貼られています。製造者・国鉄が1枚づつ、残り3枚は国鉄工場改造銘板でしょう。
ナハネ10が緩急車改造されナハネフ10に、更に冷房化改造されオハネフ12と、大きく2度改造されてますが、あと1度は電気暖房化でしょうか?
検査標記は、「55-9 高砂工」とあります。

天井に樋に沿って、等間隔で黒シミのようなものが見えてます。これは、クーラーのドレン水の水抜き孔です。10系B寝台車は、車両限界内に抑えるため、背の低い分散型のクーラー:AU14型 を数並べる手法を取ったので、クーラーの数だけ水抜き孔があります。TOMIX(16番)のオハネフ12をディテールアップするのに、水抜き孔は欠かせないところです。

ホームには、中腰でカメラを構えているファンが居ます。サボ廻りのアップ画像を撮っているのでしょう。隣りの車両のデッキからも、赤い服を着た少年が顔を覗かせています。
この頃の大阪駅では、「きたぐに」の10系寝台車は人気車両でして、牽引車が米原区のEF58であることも相まって、かなりの数のファンが「きたぐに」の到着を待ち構えていました。と言っても、総勢50名程度だったでしょうか?今ほど殺気だった雰囲気は無く、写真を撮るのに互いに譲り合ったり情報交換とかしながら、楽しくのんびり過ごせました。
「きたぐに」は、到着後の客扱いの時間が長く、客が降りた後の車内をウロウロすることが出来、車内の写真を撮られた方も多かったハズです。私は車内の写真はほとんど撮ってませんが、後悔しきりです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2012-09-01 12:53 | 80年代 客車 | Comments(2)

Commented by kyuukouechizen at 2012-09-02 12:24
きれいな写真ですね。やっぱりカラーはいいですね。白黒写真に比べて再現される情報の量が圧倒的に多いですよね。私はカッコつけて白黒ばかりでしたから新鮮です。
妻板のリブの様子もよくわかります。
電気暖房改造の銘板は見たことがないので、もう1枚は多分「近代化改造」だと思います。鉄道ピクトリアル667号によると、工事の主な内容はトイレ窓の小窓化と出入り扉の交換だそうです。
Commented by 『タキ10450』 at 2012-09-02 20:12 x
「きたぐに」の10系寝台車は、大阪駅で二度撮影しているので、写真はまだもう少し残ってます。時々ご覧頂きますので、ご期待下さい。
近代化改造でしたか…。
私もピクトリアル667号は持ってますが、単身赴任を終えて名古屋から戻ってきた時のダンボールに梱包されて倉庫送りになっているので、普段は見れない状態になってます。私の代わりに調べて頂いてしまっているようで、大変恐縮してます。

後期の車は妻面にリブが無いようですが、私が撮ったオハネフ12は全車リブ付きでした。私が撮ったなかの最若番はオハネフ12 2080でした。