80年代 阪神武庫川線その5

武庫大橋駅跡から、更に南の方、武庫川駅に向かって歩きます。

e0264203_14315659.jpg

(阪神武庫川線跡 1980年夏 武庫川大橋駅跡~武庫川駅間にて)

左側が武庫川の土手で、こちらはコンクリートで整備されています。
右側は宅地で、境界線には枕木で組まれた柵があります。
今日の画像には線路は見えてません。この雑草の下にあります。

線路内には2線分の架線柱があり、何と右側(武庫川から甲子園口方面)には未だ架線が張られたままです。その架線の下には、洗濯物が干してありますが、まさに線路内に干してあるのです。
丁度、上下線の間が通行路のようになっており、オバちゃんがこちらに向かって歩いてきてます。
土手近くは、これまた私設の柵があり、家庭菜園状態になってます。トマトやきゅうり、大葉なんか植えていたのでしょうね。

だいぶ先に鉄塔のようなものが見えてます。
これは、阪神本線の架線柱です。高圧鉄塔を兼ねているのか、だいぶ背が高いです。
更にその先には、薄緑の橋桁のようなものが見えてますが、これは阪神高速神戸線です。


にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2012-08-25 15:04 | 80年代 私鉄 | Comments(0)