80年代 EF65 517

実家近くの夙川の土手です。

e0264203_628562.jpg

(EF65 517 1979年頃 現在のさくら夙川駅付近にて)

つい先日、トラムウェイ(HO)からEF65の1次型0番台とF型がリリースされました。旬なネタとして、F型の517号機をご紹介します。

517号機は吹二(吹田第二機関区)所属で、ご覧のように貨物を牽引してます。
しかも、コンテナやとびうお等高速系では無く、黒ワムやら茶ワムの一般貨物を牽引してます。

テールランプは旧式の外嵌めタイプで、ひげ下に通風用のガラリのある形態です。
何となく絞まりの無い顔付きだなぁと思って見ていたら、スノープローが外されてますね。特急牽引機だと、通年スノープローを付けたままだったと思いますが、EF65 1000番台に牽引の座を譲り、貨物牽引になったからでしょうか?スカート部は大分賑やかです。

当時、貨車が通ると、よく輌数を勘定してましたが、記憶では一般貨物では40輌くらいは繋がれていたのではなかったでしょうか?ドドドドドドッタッタッタッタッタタンタタンタッタッタッタッ……懐かしい響きです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2012-08-12 06:49 | 80年代 電気機関車 | Comments(2)

Commented by kyuukouechizen at 2012-08-12 21:24
F型、いいですね!この記事のタイミングも絶妙です(笑)。
確かにスノープロウがないですが、P型は貨物運用になっても最後までついていましたが、F型は早々に外され、復活しませんでしたね。
Commented by 『タキ10450』 at 2012-08-12 22:33 x
これが信越線や東北線を走っていれば、スノープローを外さずにすんだのかも知れませんが、東海道・山陽筋では止むを得ませんねぇ。
旬ネタに合わせて記事に出来たのはたまたまが画像があったからです。(笑)旬ネタで無い時も当ブログをよろしく!