80年代 阪急1200

これまで、阪急甲陽線の車両は、973(920系)と851(800系)をご覧頂きましたが、今回はもう少し新しい車両をご覧頂きましょう。

e0264203_1235881.jpg

(阪急1200 1982年8月 苦楽園口~甲陽園間にて)

阪急1200系は、車体こそ1010系と同じ規格で作られてますが、電装品や台車は旧型車より捻出したものを流用しており、要は「吊掛け車」です。高性能車ではありませんので、モータを唸らせて鈍足で走ってました。手前の雑草が邪魔して見辛いですが、旧式の台車が見えませんか?

ローアングルなので屋根廻りは全く見えませんが、二重構造のルーバー屋根になってます。この1200系は、結局冷房化改造されることなく、オリジナルのルーバー屋根を保ってました。

この日の天候の影響もありますが、甲陽線で見た1200系は、何となくくすんで退色しており、キレイな光沢のあるマルーン色を見ることはありませんでした。


にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2012-06-24 12:30 | 80年代 阪急電鉄 | Comments(0)