80年代 EF62 52

今回は家族旅行で戸隠へ出掛けた時の画像をお送りしましょう。

e0264203_18545814.jpg

(EF62 52 1980年夏 直江津駅にて)

この時は、確か往路は新幹線で新大阪から名古屋まで出て中央線を北上、辰野と伊那松島へ寄り道してから戸隠へ行く行程でした。野尻湖等で観光した後、復路は直江津へ出て雷鳥で大阪へ戻ったと記憶しています。

この画像はその帰り道、直江津で雷鳥に乗り換える際に、構内停車中のEF62 52牽引の客車列車を撮影したものです。
ホーム向かい側の5番線から撮っていれば、どんな編成だったか分かるのですが、何故向こう側のホームへ行かなかったのでしょう?今なら絶対に5番線へ行っているのですが…。
何となく見えている影からして、EF62の次位にはマニらしき荷物車が繋がれてます。

この頃のEF62は、まだ山から下りて山陽・東海道の荷物列車を牽く前で、まさに信越線を中心に山岳路線で活躍していた頃です。ボディは傷みも無く、キレイですね。

ホーム向こう側の6番線には、キハ58系の急行列車が停車しています。窓形状と表示から判別するに、見えている2両ともグリーン車(キロ)のようです。但し、グリーン帯は廃止されてますね。

直江津駅は、二本木・新井拠点のタンク車を追い掛けて、平成になってから2度ほど訪れてますが、今も交通の要所であることに変わりはないのですが、当時と比べるといかんせん編成が短くて、長いホームが持て余しぎみです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2012-06-02 19:12 | 80年代 電気機関車 | Comments(2)

Commented by kyuukouechizen at 2012-06-02 23:48
いつも興味深い写真ばかりでいいですね!
グリーン車2輌のキハ58急行は名古屋~松本~長野~直江津~新潟というルートで走っていた「赤倉」ですかね?金沢~青森の「しらゆき」かもですが、グリーン車は2輌入っていなかった気がします。
EF62のほうは上野を2321レでスタートし、高崎からは321レとなり、その先、長野、直江津経由で信越本線を走破し、新潟まで行っていた郵便車荷物車つきの普通列車でしょうか?(上りもありました)
Commented by 『タキ10450』 at 2012-06-03 07:13 x
急行越前さま
コメントありがとうございました。
今でもそうですが、当時も編成やら車番やらを記録していないので、列車名は分からないままです。いつもいろいろと解説頂きましてありがとうございます。
キロはドアが開いてませんので、客扱いしていないようですが、サボは刺さっているようです。直江津止まりの列車や、直江津で編成を短くするとか、そのような列車は無かったでしょうか?夏休み中なので、季節列車とか臨時列車だったりして…。