「ほっ」と。キャンペーン

80年代 銀河とまつかぜ

1981年春の大阪駅模様です。

e0264203_12381712.jpg

(「急行銀河」ナハネフ22と「特急まつかぜ」キハ82 1981年春 大阪駅にて)

当時の記録が全く無いので、他の方のHP等でいろいろと調べてみると、大阪駅に「銀河」が到着するのと同時に「まつかぜ」が発車するようなダイヤになっていたようです。

ナハネフ22は、まだおでこに白線が引かれていて白線3本時代の頃です。20系は1980年に特急運用から離脱していましたが、格下げされてもなお急行寝台車として一線級の活躍をしていた頃です。1980年から「銀河」もイラスト入り名称となったようで、牽引機はEF58からEF65に世代交代したばかりでした。

「まつかぜ」の方は、編成に食堂車(キシ80)も組み込まれた堂々の13両編成だったようで、山陰線経由で長躯博多駅までほぼ半日かけて運用されてました。
この時には、何故だかキシ80も撮影してましたので、こちらはいつの日にかご紹介しますね。

向こうのホームには、快速の113系と各停(普通)の103系も見えてますね。
「銀河」の到着したホームには、小中学生がチラホラ見えてます。当時は、L特急やらブルトレやらで、チビッコ鉄道ファンが増えていた頃です。当時は鉄子さんは見掛けませんでしたねぇ。時代の移り変わりを感じてしまいます。
[PR]

by takurika54 | 2012-05-19 12:52 | 80年代 客車 | Comments(2)

Commented by kyuukouechizen at 2012-05-19 23:51
博多行きの「まつかぜ」は永らく大阪発8:00だったと思います。
私も1985年の2月に博多直通と食堂車廃止前に乗車し、博多まで行く間に朝、昼、晩と3食食べました!!因みに博多到着は20:55着でした。
Commented by 『タキ10450』 at 2012-05-20 08:42 x
急行越前さま
確かに「まつかぜ」は8:00発でした。食堂車で3食も取られたのですかぁ!残念ながら食堂車は、新幹線でしか経験ありません。ディーゼルサウンドに酔いしれながらの食事は、さぞかし美味だったのでしょうね?羨ましい限りです。