80年代 キハ35 217

トラムウェイのHPで、かねてより発売予告のあったキハ35系(HO)のファーストショットをイベントで展示しているようです。1970年代後半から1980年代前半の、姫路・加古川界隈をテーマに車輛収集している私としては、願ったり叶ったりの新製品です。

このテーマに関連して、キハ35をご覧頂きましょう。

e0264203_93119100.jpg

(キハ35 217 1979年晩秋 京都駅にて)

ネガ紛失のため、プリントをスキャンしており画像が粗くてごめんなさい。

撮影当時、奈良線は非電化線で、キハ35系が活躍していました。発車間際でしょうか?結構乗客が乗っており、立っている人も多く見られます。この車は、便所付きのキハ35ですね。トイレ流し管が見えてます。便所無しの片運転台車はキハ36になります。

この頃の気動車は、全検を迎えと首都圏色に塗り替えられる車が多く、右隣りのキハ35系は首都圏色です。このように塗装色の混じった編成が各地で多く見ることが出来ました。

京都駅は、東海道筋・北陸筋・山陰線・奈良線・草津線乗入れ車が集まり、バラエティ溢れる車輛が行き来し、実に楽しい駅でした。電化・非電化車輛が混じり、特急・急行も発着してましたが、大阪駅と決定的に違うのは貨物列車が通過することでした。大阪駅は、宮原を短絡線するので貨物列車は通過しませんが、京都駅は東海道筋の貨物だけで無く、奈良線や草津線へ向かうスジも通過してゆきました。

京都駅で撮ったネガを紛失したのは本当に痛いのですが、プリントだけでもおいおいご紹介してゆきます。
[PR]

by takurika54 | 2012-05-13 10:04 | 80年代 気動車 | Comments(4)

Commented by kyuukouechizen at 2012-05-13 18:51
キハ35というと、武豊線、八高線、弥彦線などで寒い思いをしたのでよい印象はありません...外つり扉ですから冷気がどこからか入ってきたのでしょうね...
ほかの形式がつながっていたら間違いなく35には乗らなかったです(笑)
Commented by 『タキ10450』 at 2012-05-13 23:12 x
キハ35系は、関西方面では奈良線の他、加古川線・播但線・関西線等で見ることが出来ました。
私は冬場に乗ったことが無いので、寒い思いをした記憶は無いのですが、確かに外つり扉はスキマ風が入ってきそうな構造ですね。
プリントスキャンは、出来るだけ最初のうちに掲示してしまおうと思ってますので、しばらくの間は見辛い画像ですが我慢して下さいね。
Commented by とっぽや at 2016-04-19 09:46 x
初めまして!トイレ窓、細いタイプがあったのですね。
Commented by takurika54 at 2016-04-20 02:17
とっぽやさま
こちらこそはじめまして。稚拙ブログをご覧頂きましてありがとうございます。
キハ35 217は、トイレ窓が細長のタイプで、この1両だけで終わった近代化の設計変更車だそうです。そうとは知らずに撮影して、そうとは知らずにブログにUPしていました。
大したネタはありませんが、これからもよろしくお願い致します。