80年代 DD51 1177

まだご紹介していないジャンルの車両にディーゼル機関車がありますので、今回は福知山線のDD51をご覧頂くことにしましょう。

e0264203_0123269.jpg

(DD51 1177 1980年頃 三田市内にて)

確か中学2年の時、友人と二人で自転車でプチ旅行をした時に、福知山線の線路端で撮影したものです。西宮市内から船坂峠を通って三田まで往復しました。この画像をどこで撮影したか不明ですが、多分三田市内だと思います。廻りは田んぼだらけでのどかな風景が広がってました。
当時のこの辺の福知山線は非電化単線で、DD51の牽く客車列車が幅を効かせている頃でした。マニ60のあと、35系・42系・10系客車が雑然と8両繋がってます。

小生、模型はHOをやっており、KATO:35系(丸屋根)と42系、TOMIX:10系、トラムウェイ:35系(折妻)と一応一通りは所有してますので、この画像と同じようにDD51+荷物車1両+客車8両=計10両を再現させることは可能ですが、これだけの長さを編成する場所が無いのが悩みです。
[PR]

by takurika54 | 2012-04-04 00:35 | 80年代 ディーゼル機関車 | Comments(2)

Commented by kyuukouechizen at 2012-04-05 23:44
こりゃまたいいですねぇ!!
電化前の福知山線は大阪駅に客車列車が乗り入れる様子といい、宝塚を出てすぐ、旧線時代の山奥を行く様子といい、完全に時代の流れに取り残されていましたねぇ!
Commented by 『タキ10450』 at 2012-04-06 22:52 x
急行越前さま
コメントありがとうございます。昨夜は飲み会で帰宅が遅くなりブログ見てなかったので気付くのが遅くなりました。
福知山線は、今でこそ大阪通勤圏内で電車がバンバン走ってますが、当時は本当にローカル線で、それでも長大編成の客車が走っていて非常に魅力溢れる路線でした。電化されてもEF58あたりが旧型客車を引っ張ってくれてたら、更に魅力的だったでしょうねぇ。(単なる願望ですが…)
大阪駅も、すっかり様変わりし、やけに近代的な造りになってしまい、あの頃の姿はどこえやら…。