80年代 EH10 44

先日ご覧頂いた153系新快速と同じ場所から撮影したEH10 44です。
といっても、153系新快速は線路の南側から撮影しており、今回のEH10 44は線路の北側から撮影しています。

e0264203_14563027.jpg

(EH10 44 1980年頃 現在のさくら夙川駅付近にて)

丁度、夙川のガードを渡るところのEH10 44です。
当時のEH10は、パンタグラフがPS22(交差パンタ)に載せ替えられている車が現れてましたが、44号機はオリジナルのPS15のままです。黒い車体に2本の黄色いラインが格好いいです。
EH10は、私の記憶する限りでは、ヘッドライトのシールドビーム化や2灯化されることなく、比較的美しきオリジナルの姿を残したまま廃車となったハズです。

引かれている貨車ですが、見えている範囲はコンテナです。当時はコンテナとワムが混在した貨物列車は多数設定されてましたので、これがコンテナ専用の高速貨物かどうかは分かりません。コンテナも、見える範囲全て黄緑色のボディをまとい、白や青のラインが入ってます。

たまたま反対側(下り)にも貨物列車が映り込んでおり、車掌車と茶ワムが見えてます。車掌車は3ツ窓なのでヨ6000と思われます。

当時は、日曜の昼間でも2~3時間線路端に居るだけで5本以上の貨物列車が見れた記憶があります。
[PR]

by takurika54 | 2012-03-31 15:12 | 80年代 電気機関車 | Comments(0)