平成の画像 クモハ12 041の銘板

伊那松島機関区での画像の続きです。
クモハ12 041には4枚もの銘板が取り付けられていて、アップを撮影しておりました。

e0264203_00500173.jpg
(クモハ12 041の銘板 1997年3月か4月 伊那松島機関区にて)

右下がオリジナルの銘板→昭和3年 汽車會社東京支店 製造
右上はJR東海の銘板→元は日本国有鉄道の銘板だったハズです。
左下は更新車銘板→型式称号規定改正と時同じくして更新修繕されたもので、施工は昭和29年 国鉄豊川分工場 となっています。
左上は改造銘板→牽引車へ改造された時のもの、この時はクモヤ22 112 となっています。

牽引車からイベント用に再転身した際には、改造と呼ぶような変更は無かったのでしょうか?


[PR]

# by takurika54 | 2017-11-05 01:05 | その他 | Comments(0)

平成の画像 ED62 16とクモハ12 041

前回に続き1997年の伊那松島機関区から画像をお届けします。

e0264203_22304483.jpg
(ED62 16とクモハ12 041 1997年3月か4月 伊那松島機関区にて)

ED62 16は、飯田線北部の貨物輸送に使われていましたが、1996年秋に事実上の運用が終焉し、この頃には他のED62とともに伊那松島機関区に留置されていました。
半年ほど使われていなかったからか、ナンバーやヒゲの部分から少し錆が浮いてしまっています。ボディの青色も退色しています。
それでも、前照灯はシールドビーム化はされずにオリジナルを保っています。

クモハ12 041は、現在はリニア・鉄道館に静態保存されているそうですが、HPの展示車両集を見ると、前面窓のHゴムが黒色になっていて見た目の印象が少し違います。

この写真を撮ってからも既に20年が経過しているのですね、時の流れは早いものです。


[PR]

# by takurika54 | 2017-10-15 22:45 | 80年代 電気機関車 | Comments(0)

平成の画像 クモハ12 041

旧型国電が去った後も飯田線でイベント電車として運用されていたクモハ12 041です。

e0264203_22232759.jpg
(クモハ12 041 1997年3月か4月 伊那松島機関区にて)

この頃は鉄道から遠ざかっていて、旧車趣味だった頃に撮影しています。
1997年4月に長野県岡谷市にプリンス&スカイラインミュウジアムがオープンしたのですが、オープン前に旧車の搬入手伝いで行った際に、機関区を訪れたものです。

旧型国電が終焉を迎えて久しい時期でしたが、機関区へ訪問して構内での撮影をお願いすると、快く許可が下りました。
構内には、ED62が多数留置されていて、今調べてみると訪問した前年に飯田線北部の貨物輸送が事実上の終焉を迎えていたようで、運用が無くなったので出番の無いED62が多数居たようです。

クモハ12 041は、事業用のクモヤ22 112から旅客用に再改造され、イベント電車として第三の活躍の場を与えられていました。
正面さえ見なければ、17m級の旧型国電そのものです。両サイドとも乗務員扉横の窓が埋められていて違和感ありますが…。
シル・ヘッダーの間隔が短く、窓の高さ寸法が短めなため、全体的に腰高な印象です。


[PR]

# by takurika54 | 2017-10-09 22:38 | その他 | Comments(0)

80年代 EF58 91

またまたF.Y君からの頂き物の画像です。EF58 91です。

e0264203_10061701.jpg
(EF58 91 撮影年月不明 大阪駅にて)

EF58 91は、ネットで調べてみると、元々は宮原区所属で、晩年は浜松区に移籍して浜松で終焉を迎えたようですね。
浜松区では、他機と同様に正面窓がHゴム化されてしまうので、この画像は宮原区時代のものと思われます。

原形小窓、格好良いですねぇ~

荷物列車のようですが、編成は短めのようです。

EF58 91は、引退後にブルトレ色に塗り替えられて、恵比須ビアトレインとしてビアホールの先頭車に連結され、恵比須ガーデンプレスのオープンまで恵比寿駅脇に置かれていました。平成5年に転勤で東京に来た頃には、まだビアホールは盛業中だったはずで、山手線の車窓から見掛けた記憶があります。
今も解体されずに健在なら、人気者になっていたでしょうね。


[PR]

# by takurika54 | 2017-10-07 10:22 | 80年代 EF58 | Comments(0)

80年代 EF58 7

前回は「雷鳥」との並びをご覧頂きましたが、今回はEF58 7単独の画像をご覧頂きましょう。
例によって、高校の時の同級生のF.Y君から頂いた画像です。

e0264203_13291583.jpg
(EF58 7 撮影年月不明 大阪駅にて)

停車位置が悪く、ガーターが邪魔して全く足回りが見えません。
大窓にヒサシ付きで、めちゃくちゃ格好良いです。

牽引されている荷物車の方はどうでしょうか?
e0264203_13301191.jpg
(マニ以降をトリミング)

EF58 7の次位はマニ60でしょうか?ガーターが邪魔して足廻りが見えないので、何とも判別付かないのですが、切妻なので60系だと思われます。
その次以降は… ん~ちょっと分かりません。
まだまだ茶色の旧型車が荷物列車の幅をきかせていた頃の画像でした。


[PR]

# by takurika54 | 2017-09-30 13:39 | 80年代 EF58 | Comments(0)

80年代 EF58 7 と 485系「雷鳥」の並び

頂き物の写真です。

e0264203_15032083.jpg
(EF58 7 と 485系「雷鳥」の並び 撮影年月不明 大阪駅にて)

EF58が現役の頃、時期的にちょっと間に合わずに私は大窓原形車を見ることは無かったのですが、写真をもらったF.Y君は小学生の頃からあちこちで撮影していて、EF58の大窓車も記録してありました。

パンタが交差型のPS22Bに換装されてるのが痛いですが、大窓はやはり格好良いですね。
EF58 7は、「雷鳥」入線前の写真ももらっているので、そちらは別の機会にご紹介しますね。

イラストの無い「雷鳥」マークも懐かしいです。


[PR]

# by takurika54 | 2017-09-18 17:33 | 80年代 EF58 | Comments(0)

80年代 EF58 8

頂き物の画像です。

e0264203_23212305.jpg
(EF58 8 撮影年月不明 大阪駅にて)

夜行列車を牽いて、大阪駅に到着したところのようです。早朝の光線がまぶしくて、ハレーションを起こしてます。

原形小窓に一体型ヒサシ付きで、交差パンタPS22Bに換装されていて、広島区の特徴となっています。
一体型ヒサシを支えるため、両窓の間にサポートが取り付けられているのがよく見えます。

向こう側のホームにはダンボール箱やらで満載のラックが見えてます。鉄道による荷物輸送がまだまだ華やかだった頃の駅構内の風景です。


[PR]

# by takurika54 | 2017-08-27 23:30 | 80年代 EF58 | Comments(0)

80年代 583系にちりん

頂き物の画像です。(誰にもらったのやら…)

e0264203_22353629.jpg
(583系にちりん 撮影場所、撮影年月不明)

中学の時の鉄道仲間からもらったネガプリントです。

彗星の間合い運用のにちりんであることは分かるのですが、どこの駅かは不明です。
乗務員の服装が冬服で、向こう側のホームには山積みの荷物があるので、年末のお中元時期だったのかも知れません。
ホーム右側には、荷物はありませんが赤い台車があって、こちらは郵便用の台車ですね。

手前の番線には、乗車位置を示すプレートがぶら下がってますが、拡大すると「ふじ、すいせい」と書かれています。
ブルートレイン全盛期を示す貴重な記録です。


[PR]

# by takurika54 | 2017-08-15 22:46 | 80年代 電車 | Comments(0)

80年代 キハ82系くろしお号とキハ58系とDD13の並び

またまたF.Y君から頂いたプリントです。

e0264203_15230865.jpg
(キハ82 DD13 213 キハ58の並び 撮影日不明 紀伊田辺駅か(?))

古いプリントで退色もしていますが、貴重な記録ですのでご覧頂きましょう。

撮影場所は聞いていないのですが、他HPの画像等から跨線橋の補強の仕方や、中線に退避線がある配線の特徴から判別して紀伊田辺駅ではないかと思います。

撮影時期も不明なのですが、既に架線も張られていて、電化近しの状態ですので、和歌山~新宮間が電化された昭和53年(1978年)頃かと思われます。

中線にDD13 213が停車中です。駅で貨車の入換があったようです。

それぞれのディーゼル機関がカラカラと音をたてていて好ましい情景だったことと思います。


[PR]

# by takurika54 | 2017-08-13 15:47 | 80年代 気動車 | Comments(0)

80年代 阪急943 その2

阪急920系の943です。

e0264203_16163582.jpg
(阪急943 1982年1月6日 阪急電鉄西宮車庫にて(許可を得て職員同伴の元構内で撮影))

阪急943は、のちに3両編成化されて甲陽線に投入され最後のご奉公をすることになるのですが、撮影した頃は4両編成で伊丹線で活躍していたはずです。
編成中間に挟まれていて、運転台側からだと逆光になってしまうので、この位置からの撮影となってしまいました。

阪急943は、920系の第6次車で、戦後初の新車だそうです。台車は住友金属のKS-33Lのように見えますが、第6次車は川崎車輌のものが使われていたとウィキには書いてありましたが… う~ん、この辺は詳しく無いので分かりません。

因みに、再掲となりますが、第5次車の阪急940の画像も比較でご覧下さい。台車は違います。

e0264203_17014859.jpg
((再掲)阪急940 1982年1月6日 阪急電鉄西宮車庫にて(許可を得て職員同伴の元構内にて撮影))

こちらは、甲陽線の800系の中間に挟まれていたもの。
いずれにしても、イコライザー式吊掛け台車は格好良いですね!


[PR]

# by takurika54 | 2017-07-15 17:08 | 80年代 阪急電鉄 | Comments(0)